オーストラリアの紙おむつと日本の紙おむつを比較!日本製を安く買う方法

オーストラリアで妊娠・出産
スポンサーリンク
新着記事

初めての妊娠・出産をオーストラリアで経験した管理人Yukaです。

初めてのベビー、しかもここはオーストラリア。

なので、周りの先輩ママ、特に日本人のママに色々な事を聞きまくる日々です。

赤ちゃんが生まれたら絶対に必要なのが紙おむつ。

日本の紙おむつを愛用しているママたちは、口をそろえて「日本製の紙おむつの方が全然良い!」と言います。

私の日本の友達にはメリーズが人気で、職場にいるアジア系のママも日本のメリーズと、少しお得な Goon を愛用しているとのこと。

そう、ここオーストラリアでも日本の紙おむつを買うことが出来るのです (´∀`*)アリガタヤ

私も日本の紙おむつとオーストラリアの紙おむつのサンプルを取り寄せて質感を比べてみました。

今回は、オーストラリアの紙おむつの口コミや質感、オーストラリアで日本の紙おむつを買う方法について書きたいと思います♪

スポンサーリンク

オーストラリアの紙おむつの種類

オーストラリアでは以下の2大ブランドが有名です。

Huggies

アメリカ生まれのブランドですが、オーストラリアNo.1シェアブランドらしいです。

安くて有名なオーストラリアの薬局 Chemist Warehouse のサイトを見てみると、新生児用で 29.99ドル/108パック でした。

https://www.chemistwarehouse.com.au/buy/76021/babylove-cosifit-jumbo-nappies-crawler-87

周囲の口コミでは、新生児用がちょっと小さすぎとか、ゴワゴワしているとか聞きます。

Baby Love

ユニ・チャーム・オーストラリアが作っている紙おむつ。

私このオムツのCMソング好きです♪

メリーズやパンパースと比べて小さめです。

うちの子が生まれたばかりの時は、パンパース新生児用がやや大きかったので、Baby Love の大きさくらいがちょうど良かったです。

手触りもなかなかで、オーストラリアのオムツの中では一番好きです。(他のチープラインのオムツと比べて値段も張りますが、こっちで日本製を買うのとあまり変わらないくらい、むしろやや高いかも。)

Chemist Warehouse では 26.99ドル/90パック で売られていました。

Baby Love の公式サイトからフリーサンプルがもらえるので、試してみるのも良いと思います。

Where to Buy BabyLove Products - BabyLove AU
If you would like to know where you can buy BabyLove products online you can browse our list of resellers here.
スポンサーリンク

日本の紙おむつ比較

オーストラリアで手に入る日本の紙おむつを実際に使用して比較してみました。

私の様に、オーストラリアでの出産が人生で初めての出産、という方は日本の紙おむつの情報があまり入ってこないと思うので、参考にしてもらえれば幸いです。

  • 比較オムツは全て新生児用
  • うちの子は体重3740グラムと大きめ
ムーニー・ナチュラルムーニー

うちの子にはちょうど良いおおきさ。きつすぎず大きすぎず。

漏れないし、ナチュラルムーニーの手触りはダントツに良い。

普通のムーニーも良い感じで、ウサギが好きだからメリーズを使おうと思ってたけど、ムーニー派になりました。

テープ接着がとても強いが、おしっこ確認時に何度も付けたり外したりすると強い接着力がゆえにテープにオムツのケバケバがついて接着力が弱くなるので注意。

メリーズ

やや大きい

手触り良い。おしっこしてもサラサラ。

テープが白くてオムツと同系色なので一瞬分かりづらい。

フィット感良し、テープの接着力も良い。

パンパース

大きい(ウンコ漏れた)

手触り微妙

友達は吸水性は一番と言っていたが、私は結構すぐオムツを交換してしまうので良く分からず

新生児用を1パック買ってしまったのですがちょっと大きくなってから使おうと思いました。

Nepia

手触りがよく、おしっこしてもサラサラ

フィット感が良い

GooN

小さめ(一番小さい)

手触りは微妙

Genki

 

 

日本の紙おむつとオーストラリアの紙おむつの違い

サンプルや、周りの人の口コミによると、日本の紙おむつは薄いのに吸水性が良く、何より肌触りが全然違うと聞いていたのですが、Baby Love などの高級ラインは日本の紙おむつとそんなに変わらないと思いました。

ただ、ALDI で売られている Mamia 等の激安ラインも貰ったので使ってみましたが、テープの接着力が弱くて素材も微妙、手触りは悪くないが全然フィットしない等やはり難点がありました。

ナチュラルムーニーを最初に使ってしまったという事もあり、質の差にびっくりしてそのまま二度と Mamia は使いませんでした。

オーストラリアはオムツ自体の単価が日本と比べて高いので、その面を考えると確かに日本製の方が優秀ですし、どのブランドも人による好みの差はあれど軒並み優秀です。

(私はオーストラリア製なら Baby Love 以外は使いたくないなーと思いました^^;)

スポンサーリンク

日本の紙おむつをオーストラリアで買う方法

オーストラリアで日本の紙おむつを購入するには2通りの方法があります。

オンラインで購入

私の職場の人はこのウェブサイトで日本製の紙おむつを購入しています。

Best Nappies
Best Nappies AU
Home - Home

日本人コミュニティなどの掲示板でもよく紹介されているのを見かけるし、かなりメジャーなサイトみたいです!

パンパース、メリーズ、ムーニー、Goon や マミーポコなど一通りの日本製メジャー紙おむつはそろっているうえに、熱さまシートピジョンの母乳パットや赤ちゃん用洗剤、更には日本の生理用品まで売っています。

送料は80ドル以上から無料で、シドニー、メルボルン、ブリスベンにオフィスと倉庫があり、発送も速やかです。

価格を見てみると、Chemist Warehouse で売られている Huggies や Baby Love とあまり値段変わらないんですよね。

メリーズ新生児用が24.50ドル/96パックなので、むしろ若干安い気が。。。

出典:Best Nappies 

色々なメーカーのサンプルも5ドルで売られているので、色々試してみるのも良いですね♪

アジア系のスーパーで購入

日本の物がたくさん売られている系のアジア系スーパーや、日系スーパーでも日本製の紙おむつが売られています。

ただ、オンラインより高い場合がほとんどなのであまりお勧めしません。

スポンサーリンク

まとめ

オーストラリアでも日本の紙おむつが気軽に買えるなんて、便利な時代ですね(*´∀`*)

まあ、オーストラリア製でももちろん問題ないのでしょうが、私の様に日本製大好き人間や、日本の紙おむつに慣れているので質を落としたくない!同じものを使いたい!というママさんは是非 Best Nappies で購入するのをお勧めします。