母乳育児の美味しいおやつサプリ・手作り授乳クッキーの簡単レシピ紹介

AUSママ×料理
スポンサーリンク
新着記事

今年オーストラリアで無事第一子を出産した管理人 Yuka です。

出産の際に2リットルほど出血したせいもあって、出だしは母乳の出が悪かったのですが、母乳の出が良くなるといわれている食べ物やお茶を色々と試したおかげもあってか、完母育児も超順調で息子は成長曲線のトップ勢に躍り出るくらいすくすくと育っております。

中でも、授乳クッキー(母乳クッキー)が美味しくてお勧めなので、今回は授乳クッキーとは何ぞや & 材料や作り方について書こうと思います。

スポンサーリンク

授乳クッキー(母乳クッキー)とは?

日本ではメジャーではないので、何と訳していいのか分かりませんが、授乳クッキー(母乳クッキー)とは母乳の出が良くなるとされる材料をふんだんに使って作ったクッキーです。母乳入りクッキーの事ではないですよ!とりあえずここでは授乳クッキーで統一して呼ぶことにします。

英語では breastfeeding cookies(ブレストフィーディングクッキー)nursing cookies(ナーシングクッキー)または lactation cookies(ラクテーションクッキー)などと呼びます。

私の住むオーストラリアでは健康食品ショップなどに売っています。

授乳クッキーに含まれる母乳の出が良くなる食べ物

ビール酵母

授乳クッキーを授乳クッキーたらしめるもの、それはビール酵母です。

海外で売られている&手作りレシピの授乳クッキーにはこのビール酵母が必ずと言っていいほど入っています。

ビール酵母は、ビタミンB、鉄、タンパク質、クロム、セレン、その他のミネラルを含む非常に健康的な栄養補助食品で、日本でもサプリとして売られていますが、海外では母乳の出が良くなる健康食品としてよく知られています。

また、母乳の量を増やすだけでなく、疲労回復や産後うつにも効果があるとされ、まさに赤ちゃんを産んだばかりのママにうってつけの健康補助食品なのです!

楽天で探す

ビール酵母の母乳への恩恵は昔から有名で、その昔ビール酵母の働きで母乳の量を増やすために授乳中のママ達がビールをがぶ飲みしていたというエピソードまであるそうです(笑)(オーストラリアの助産師さんから聞きました。)母乳へのアルコール移行量も半端ないですね(;^ω^)

ビール酵母にはもちろんアルコールは一切含まれていないので心配しないでくださいね。

ビール酵母は海外では brewer’s yeast という名前でスーパーなどでも売られています。(ナッツやレーズンなどのコーナーにありました)

見た目はきな粉のもっと細かいバージョンといった感じ。これが母乳に良いんです!

 

オーツ麦(燕麦)

全粒穀物は母乳を作るホルモンを増やす働きがあると考えられており、その中でもオーツ麦(燕麦)はクッキー生地との相性もとても良いので授乳クッキーの原料としてとてもメジャーです。

プレスされたオートミール(オーツ麦を脱穀したもの)
温かい牛乳やお湯で茹でふやかして食べるのがメジャーな食べ方。

その他母乳に良いとされる食べ物やハーブは沢山あります。もっと知りたい方はこちらの記事も併せて読んでみて下さい↓

そんな授乳クッキーですが、既製品をお店で買うとお高いんですよ(*_*)

上の写真の小箱で20ドルします。美味しいからすぐペロリだし、母乳のためにしばらく続けていくにはお財布に全く優しくない!

という事で、自分で手作りすることにしました。意外と簡単に作れちゃいます!

スポンサーリンク

授乳クッキーの作り方

ネットで色々レシピを探したところアメリカのレシピが多く、砂糖の量が多過ぎだったりバターが多過ぎたりしたので色々自分で量を変更したり、入れなくてもよさそうな謎の材料を省いたりと試行錯誤した結果、日本でも作りやすい以下のレシピに落ち着きました。

材料(クッキー約70枚分)
  • 牛乳 1/4カップ(50cc)
  • 卵 2個
  • 小麦粉 250g
  • バター 130g
  • 白砂糖 100g
  • 黒砂糖(ブラウンシュガー) 80g
  • ビール酵母 40g
  • ベーキングソーダ 小さじ1
  • オーツ 2カップ半(約250g)
  • チョコチップ 1カップ(約150g)
  • 小麦胚芽 大さじ1

サプリではなく、料理やお菓子に混ぜるきな粉のようなビール酵母粉末はインターネットショップで簡単に手に入ります。


ビール酵母粉末を楽天でチェック

オーツもネットショップや輸入食料品店、大きめの製菓材料店や健康食品店で手に入ると思います。


オートミールを楽天でチェック

手順

基本的に測って混ぜるだけなので簡単です。

① バターと白砂糖、ブラウンシュガーをクリーミーになるまでよく混ぜる。(バターは少しチンして溶かしてしまうと楽)卵と牛乳も入れてよく混ぜる。

② 振るった小麦粉、ビール酵母、ベーキングソーダを入れよく混ぜ、1のバターの混ぜ物を何回かに分けて入れながら全体が均一になるまで木べらやゴムベラでよく混ぜる。

粉たち

①の混ぜ物を粉に投入

③ 2にオーツ、チョコチップを入れてゴムベラでさっくりと混ぜる

オーツ投入後

チョコチップ投入後。後は焼くだけ!

③ 天板にクッキングシートを乗せ、その上にスプーンですくったくるみ大のクッキータネを5センチ間隔(焼くと膨らむので)で並べる。最後に形成するのでクッキータネはとりあえず適当にぐちゃっとおいてOK。

④ 指に水を付けてクッキータネをクッキーらしい形になるように簡単に形成する。

⑤ 175度に予熱しておいたオーブンで10分から12分くらい様子を見ながら焼く。オーブンの上段で焼くと表面だけ早く焦げて中まで火が通りにくいので、中段~下段で焼くか、アルミホイルをかぶせる。

焼きたてはふにゃふにゃしてますが、冷めると歯ごたえサックサクの美味しいクッキーの出来上がり♪

半分量を作る場合は上記の材料の半分量で作ればよいですが、沢山作ってタネを冷凍しておくこともできます。

最初は半分の量を作ってみて砂糖の量を自分好みに調整してみるのも良いと思います。(私も最初アメリカのレシピで大量に作ったら引くほど甘くて作りすぎたことを後悔しました(;^ω^))

チョコチップを入れずに代わりに母乳に良いゴマやアーモンドスライスなどを加えるのも良いと思います!

母乳のためのクッキーですが、オーツが入ってサクサクしておやつとしてもとても美味しいので、ぜひ作ってみて下さいね☆