モンテッソーリ教育のおすすめおもちゃ!にぎにぎキャンディーラトルの作り方

AUSママ×子育て
スポンサーリンク
新着記事

オーストラリアで妊娠中の管理人 Yuka です。

シドニーの日本人ママコミュニティを通してモンテッソーリ教育というものが存在することを知り、我が子もモンテッソーリを取り入れて育てようと、ただ今色んな本を読んで勉強中です。

モンテッソーリとは何かを知るにはこちらの本がサクサク読めてわかりやすく、とても良かったです。一部漫画になっているので、一日で読めます。

楽天でチェック

Amazonでチェック

実際の実践はこちらの本が役に立ちました↓

今回作り方を解説する、0歳から使えるモンテッソーリ教具・にぎにぎキャンディーラトルもこの本がきっかけで作り始めました☆

0歳から始められるモンテッソーリ実践書はあまりないので、お勧めです。

楽天でチェック

Amazonでチェック

と言う訳で、ただ今可愛いにぎにぎキャンディラトルを量産しまくっているので、皆さんにも作り方をシェアしたいと思います☆

ちなみにモンテッソーリのモビールを作った時の作り方のコツや代用したパーツなどについても別の記事で書いています。興味がある方は是非参考にしてみて下さい↓

スポンサーリンク

にぎにぎキャンディーラトルの利点

人間は手を良く使うことによって脳が発達し、進化していきました。

赤ちゃんも成長過程で5~6か月くらいから徐々に「物を握る」「離す」「持ち代える」という動作に興味を持ちはじめ、その動作を学んでいき、脳をどんどん発達させます。

にぎにぎキャンディラトルは色々な素材を使って異なる感触や音を体感できるので、赤ちゃんの学習・成長のサポートをするおもちゃにピッタリです。

わりと簡単に作れるのも魅力です。6か月の赤ちゃんがいる私の友達にもプレゼントしたところ、喜んでにぎにぎしてくれました^^

スポンサーリンク

にぎにぎキャンディーラトルの作り方

私なりのにぎにぎキャンディーラトルの作り方をお教えします。

そんなに難しいものではないので、あまりきっちり図面通りでなくても大丈夫ですが、赤ちゃんはなんでも口に入れるので、布が破れて中身が飛び出して誤飲などしないように丈夫に作る様に心がけましょう。

  • 握った感触を楽しめるように、違う素材の布を選んだり、詰め物を変える
  • 両端の絞り口が破れないように丈夫に縫う
  • 布の端はほつれやすいので、折り返して丈夫に縫う
  • 赤ちゃんがラトルを口に入れることがあるので、接着剤の使用は避ける
  • 鈴など硬いものを入れる場合は、小さめの物を選び綿で包んで入れる

用意するもの

  • 布:8センチ×20センチ
  • 糸:丈夫なもの
  • リボン:1センチ以下の細めの物の方が結びやすい
お勧めの詰め物
  • 綿と小さい鈴
  • 包装用のプチプチ
  • お米・小豆・コーンなど

①布を縫い合わせる

まず、8×20センチに切った布を縫い合わせます。

裏側にし、8センチの方はキャンディの端の部分になるのでほつれないように2ミリほど折り返し、縫い合わせます。

両端を縫い合わせたら、半分に折って20センチの部分を縫い合わせます。ほつれないように返し縫いがお勧めです。

②ひっくり返して片方を絞って縫う

縫い合わせた筒状の布をひっくり返し、端から4センチくらいの部分を写真の様にざっくりと縫い、キューっと絞ります。

(キャンディの端は4センチくらいあると可愛い感じに仕上がります^^)

キャンディの端はあまり目を細かくして縫うと絞りにくくなるので粗く縫いましょう。

絞った後は、そのまま糸をぐるぐると巻き付けます。私は5周程糸を巻き付けました。

糸を巻き付けた部分に更に針を通し、糸を玉結びをします。念のため何度か針を通して玉結びを繰り返すとより丈夫になって安心です。

 

③詰め物をする

プチプチ

包装用のプチプチを12×16センチに切って、プチプチ側が外側に来るように丸めます。(縦の長さが12センチになります)

 

入れにくい時はプチプチをねじりながら回し入れると入れやすいです。

綿と鈴

鈴を中に入れる時は外から硬い部分が触れないように緩衝用の綿で鈴を包んで入れるなどします。入れる鈴はとがった部分などが無いようにくれぐれも注意してください。

ちなみに綿を入れると鈴の音色は変わったり小さくなるので、手芸屋で手に入るぬいぐるみ用のプラスチックのボールに入った鈴がおすすめです。(プラスチック鈴を入れる場合はラトルの幅を8センチより大きめに作った方が良いかも。お手持ちの鈴に合わせて布のサイズ幅を変えてみて下さい。)


楽天でチェック

私は昔バリで買ったガムランボールを中に入れてみたところ、音色も変わらずすごくいい感じになりました^^

お米

お米は感触を楽しめるよう、あまり詰め過ぎないようにしてください。布も破けないしっかりした素材を選びましょう。

お米が飛び出さないよう両端はしっかり縫いますが、私は念のため綿を少し両端に詰めました。

④もう一方の端を絞って縫う

詰め物をしたら、先ほどと同じ要領でもう片方のキャンディーの端を絞って縫います。

⑤リボンをつけて完成

両端にリボンをつけて完成です。リボンはほどけないように縫い付けてしっかりとラトルの端に固定します。

私はお米のキャンディは感触が分かるように、ストレッチの利いたスパンデックス(ポリウレタンの布で、エラスタンとも呼ぶ)を使用しました。

鈴と綿入りのものは綿織の布、プチプチは手触りがフワフワのコットン布で作りました。

左から、プチプチ・綿と鈴・お米

このように詰め物と布との相性を考えるのも大事なポイントです。

でも何より安全性を考慮して、不安なら目の届くところでラトルで遊ばせるか、赤ちゃんと一緒に遊ぶようにしましょう。

色々組み合わせて、ママのアイデアと愛情のこもったオリジナルにぎにぎキャンディラトルを皆さんも是非作ってみて下さい^^