eBay アフィリエイトをする際の注意点~やってはいけない規則違反例~

AUSママ×ブログで稼ぐ
スポンサーリンク
新着記事

 

先日、eBay アフィリエイト(eBay Partner Network)を始めたのですが、始めて数日後に早速 eBay から警告メールを送られてしまいました(;^ω^)

原因はポリシー違反。Google アドセンスなどにもありますよね、「自己クリックしてはいけない」とか、「誤クリックを招く配置は駄目」等。

eBay Partner Network は英語のサイトという事もあり、ポリシーを読むのをすっかり忘れていました(;^ω^)

ただでさえ小難しいポリシーを英語で読むのは大変でしたが、ざっと目を通してみました。

私が警告を受けたポイントも含め、 eBay アフィリエイトでやってしまいがちなポリシー違反や、押さえておきたいルールをまとめました。

スポンサーリンク

やってしましがちなポリシー違反

eBay Partner Network のポリシー(Code of Conduct)はこちらから確認できます(すべて英語)。

「詐欺しちゃダメ」など当然の事や、「ソフトウェアを使ってツールを改造してプログラムをゴニョゴニョしちゃダメ」的な、やろうと思っても普通出来ないテクニカル過ぎな違反についての記載もあるんですが、そういったものは省き、普通の人がうっかりやってしまいそうなポリシー違反に絞って紹介します。

 

自己クリック

私がやってしまったのはコレ。eBay アフィリエイトはアマゾンと同じでリンク先で商品の購入が無ければ自分の収益にはならないのですが、自己クリック自体も禁止だそうです。

Google アドセンスでも自己クリックは禁止事項の一つだし、気を付けてはいたのですが、おそらく広告のテストページかなんかでクリックしてしまったのでしょうね。

しかもその後、普通に eBay で自分の買い物をしてしまい収益まで発生させるというアイタタタな行動をしてしまった私(;^ω^)

eBay 側も「まだ始めたばっかりで間違えちゃったのかもしれないけどさぁ~。。。もうっ!気をつけなさいよぉ!」的な警告のみで、アカウント停止にはされませんでしたが。

万が一を考えて、eBay で買い物をする時は違うブラウザを使うようにした方が良いかもです。

 

広告だという事を明記する「ラベル付け」をしていない

これも私が eBay に注意されたポイント。よく Google アドセンスでも “スポンサーリンク” とか言う風にラベル付けしますよね(今は必須ではないようですが)。

eBay アドセンスでもこれをしなくてはなりません。ただ、「ラベル付けしろ」とは書いておらず、ポリシーに

“It must be clear for end users where they are being directed at all times”

「エンドユーザーがリンク広告をクリックするとどこに飛ばされるのか分かりやすくしておくこと」

と書いてあるんですが、どうやらこれが「ラベル付けしろ」って事らしいです。

ポリシーでは直接的に「ラベルつけろ」と言っていませんが、eBay から送られてきた警告メールに「あんたの広告ラベリングされていないよ」って書いてあったんですよ。。。

私のブログ記事内では、広告の直前の本文中に「この商品は eBay でも買えますよ↓」とeBay の広告であることを明記してはいるつもりだったんですが、ブログが日本語だから理解されなかったのかな?英語で書かなきゃダメなの??やっぱラベルじゃなきゃだめなの?などと思い、考えても良く分からないので eBay Partner Network のサポートセンターに直接問い合わせました。

すると、eBay から

You can label your links as simply as adding “on eBay” or anything similar to the text. It doesn’t have to be in both Japanese and English.

「シンプルに “on eBay” 的なラベルを付ければOK。別に日本語と英語両方で書く必要はないよ。」

という回答をいただきました。(eBay は問い合わせに対してかなり丁寧な回答をくれます。)

なので、eBay 広告にはとりあえず on eBay というラベリングをしておきましょう!

 

Google アドセンスで eBay の広告が表示される

eBay から警告メールが来た後すぐに、ビビッてすべての広告(と言っても1つだけ)を一旦停止させたんですが、レポートを見てみると広告を停止させた後日にも関わらず誰かが広告リンクをクリックしていた事が分かりました。(また自分か???)

またテストページでの自己クリックか?とも思いましたが、そういえば 特定の記事の Google アドセンス広告上で eBay の広告がバンバン表示される事があったのを思い出し(おそらくその記事内で eBay というキーワードを沢山使っていたから)、一応 eBay Partner Network に聞いてみたところ、

Please also note that you can’t use paid advertising to drive people directly to eBay (this includes automatic redirecting to eBay) so in case your EPN links appear in AdSense, please make sure to remove them.

有料広告を使用して直接eBayに誘導することはできません(これにはeBayへの自動リダイレクトも含まれます)。eBay Partner Network のリンクがAdSenseに表示された場合は、削除してください。

との回答をいただきました。

確かにそれっぽいことがポリシーにも書いてありますが、文章からすると「お金を払って有料広告や有料トラフィックを使用している場合」的な感じで、別に私が Google アドセンスにお金を払っているわけではないからいいんじゃね?とも思いますが、怖いのでとりあえず Google アドセンスから eBay の広告を除外した方が良いと判断することにします。

 

Eメールやショートメッセージで広告リンクを宣伝してはいけない

EメールやSMSに広告リンクを貼りつけて誰かに送り付けては駄目です。

不特定多数にリンクを送り付けるスパムメールとかやる人不届きな輩が出るからでしょうね。

 

クリックを誘導するような文言を書いてはいけない

「クリックすると喜びます」や「クリックするといいことがあるよ」的な、広告のクリックを誘導するような文言を書いては駄目です。

これは Google アドセンスでも同じですね。

 

以下の様なサイトに広告を貼るのは駄目

これも Google アドセンスのポリシーと同じですが、広告を貼るウェブサイトのジャンルにも注意が必要です。

禁止コンテンツ
  • アダルトコンテンツ
  • 暴力に関するコンテンツ
  • 銃器や武器
  • 違法な商品、サービス、または活動
  • ギャンブルや賭け事
  • 人種、性別、宗教、国籍、障害、性的指向、または年齢に基づく差別
  • 名誉毀損
  • 子供向けコンテンツ
  • eBay 購入・入札代行サイト
  • マルウェアやスパイウェアなどの悪質な機能

 

注意すべきなのが、子供向けコンテンツもダメという点です。

子供が見るようなウェブサイトで物品購入に関するアフィリエイトを貼るのは宜しくない、という考えからでしょうね。

 

サイト上でアフィリエイトに関する説明を明記していない

「このサイトのさまざまな業者へのリンクをクリックして物品を購入すると、本サイトへの収益が発生する可能性があります。」とサイトのどこかに明記するように書かれています。

ぶっちゃけ私も最初自分のサイトに明記してなかったんですが、警告メールではその点は何も言われませんでした。(まあ、日本語のサイトだからチェックしずらいのかもしれませんが。。。)

サイトのプライバシーポリシーにでも追記しておくのが良いと思います。

Google アドセンスも最近になってプライバシーポリシーのページを作るように言ってますしね。

 

リンクの改ざんや広告ツールの改造

広告リンクを許可される範囲外でむやみに変更したり、広告ツールの機能を改造したりしちゃだめって事ですね。

まあ言われなくても私はそんな高度な事は出来ないんですが。。。

プログラミングの知識がある人で、広告のフォーマットをもっとおしゃれに機能的に変えたい!と言う人はまず eBay の許可を得てからやってください、という事みたいです。

 

スポンサーリンク

やっても良い事

SNSでの宣伝

Facebook などの SNS で広告リンクを宣伝する行為はOKだそうです。ただ、きちんと広告だとわかるように #ad, #advertisement 等のハッシュタグを付ける必要があります。

また、SNSで宣伝するために、Bitly、Google、Hootsuite、およびBuffer が提供するURL短縮サービスを使用することが許可されています。

 

知り合いに広告リンクを共有

商品の転売目的ではなく個人の使用に限られる場合なら、家族や友人に広告リンクを教えてもOKだそうです。

これはちょっと意外ですが、ポリシーに

You may promote to your family members, relatives, and friends in accordance with the policies in this Code of Conduct. However, the products purchased must be used for their personal use, and not for resale.

EPN の Code of Conduct のページより引用

と書いてあります。

ただ、先ほども書いたようにEメールやSMSに広告リンクを貼りつけて誰かに送り付ける行為はNGなので、広告リンクが張ってある自分のサイトのページを教えるのが良いでしょう。

でもインターネット回線を共有している家族や同居人の場合、自分と同じIPアドレスになると思うのでその場合自己クリック&自己アフィリと認識されますよね。。。

宣伝するならインターネットを共有していない人か、別の場所からアクセスしてもらいましょう。

 

基本的なルールは以上です。

私自身も eBay のポリシーを100%把握できているか自信がないですが、今のところ再警告は来ていないので、とりあえず大丈夫そうです。

eBay Partner Network のサポートセンターは質問にかなり丁寧に答えてくれるので、分からない点があったらどんどん質問してみましょう!(全て英語でのやり取りになりますが)