オーストラリアの首都・キャンベラってどんなところ?移住者目線のキャンベラ紹介!

オーストラリアネタ
スポンサーリンク
新着記事

オーストラリアの首都、キャンベラ。

なんでもシドニーとメルボルンの首都争いの末に妥協案として真ん中(だいぶシドニー寄りですが)に新たに作られた都市だとか。

(ちなみにシドニーまで車で約3時間、メルボルンまでは7時間ほど。)

なので首都といっても、シドニーやメルボルン、ブリスベンと比べるとはるかに小規模な自然の豊かな都市です。

このブログのタイトルは「シドニーから日本を想ふ。」ですが、私はシドニーに引っ越す前は政府公務員の旦那の仕事の関係でキャンベラに3年ほど住んでいたので、せっかくなので情報の少ないキャンベラの事についても色々と書いていこうと思います。

特に、仕事の都合でキャンベラに引っ越す予定の方などの参考になれば幸いです^^

スポンサーリンク

キャンベラの特徴

キャンベラは計算して作られた計画人工都市

「キャンベラを日本の都市に例えると?」という話題が日本人の友人間で出たりするんですが、私が聞いた中で一番しっくりきたのが「政治機能の備わった軽井沢」という表現。

サバーブとサバーブの間に未開発の荒野が広がってたりする、まるでドラクエの様な世界です。バスからカンガルーが見えることも珍しくありません。

(サバーブとは郊外住宅地の事で、サバーブごとに名前があります。日本でいうOO市やOO町みたいな感じ)

そんなことを言うと、これからキャンベラに越してくる予定の人は心配になるかもしれませんが、キャンベラはきっちり計算して作られた都市。

つまり、初めから人が暮らしやすい用に、将来人が増えてもシドニーの様にパンクしないように都市としてのデザインを熟考して作られた都市なんです。

現に人も年々増えているので、未開発の荒野に新しいサバーブもどんどん作られています。

キャンベラは田舎と言えば田舎っぽいのですが、City のビルは結構モダンで大きいものも多く、city の中心 にはキャンベラセンターという超大型ショッピングセンターもあり、Apple Store やブランド化粧品店などお店は一通りそろっています。日本の無印良品なんかも数年前にできました。

なのでキャンベラは大きな都市ではないけれど田舎というのもちょっと違うような、とても独特な街です。

キャンベラセンター。いくつものビルに分かれていて相当でかいです。

移動しやすい

デザインされた都市ということで、道路の作りがちゃんと考えられて作られている感じで色んな場所への車でのアクセスが良いです。

シドニーは交通量も多くて道も不便だったりしますが、キャンベラは渋滞も少ないし、20分以内でキャンベラ中の主要スポットにたどり着けます(もちろん住んでいる場所にもよりますが)。

しかし私は実は日本にいる時から筋金入りのペーパードライバーで、運転が全くできません(;^ω^)

それでもバスが沢山あるし、Uberタクシーもそこら中にいるので一人でどこかに出かける時もさほど困りませんでした。

何より、私が住んでいた Belconnen というサバーブが歩ける距離に何でもある便利な場所だったので、あまりそのエリアから出ることも無かったです(^^;)

ただ、サバーブによっては本当に周りに何もなかったりするので、車がない場合は住む場所は慎重に選びましょう。

レントが安い

当然と言えば当然ですが、シドニーやメルボルンなどの大都市にくらべ、圧倒的に賃貸家賃や物件価格が安いです。

キャンベラに住んでいた時は Belconnen の Westfield のほぼ目の前の好立地なアパートメントの1ベッドルーム(バルコニー入れて78㎡くらい)を所有して住んでいましたが、シドニーで同じ条件(好立地・好アクセス)だと価格は2倍~2.5倍くらいすると思います。

ライトレール(路面電車)がある

公共交通機関はずっとバスのみだったキャンベラですが、2019年にキャンベラにもとうとうライトレール(メルボルンのトラムみたいなもの)が出来ました!私が引っ越した直後に!

まあ私のエリアにはまだ路線がひかれていないのであまり関係なかったのですが、これからどんどんルートを拡大していくんじゃないでしょうか。

ライトレールの駅の近くに住むというのも city まで行きやすくてなかなか便利そうですね。

自然派さんにはおすすめな都市

「つまらない・やることがない」とよくディスられるキャンベラですが(ぶっちゃけ私もディスってました)、ごちゃごちゃした人混みが苦手で、自然が豊かな場所が好きな人はキャンベラはお勧めな都市です。

ビーチはないですが、美しい大きな湖や公園がたくさんあったり、秋には紅葉が美しく春にはフロリアーデという大きなフラワーフェスティバルも開催され、他の都市からの観光客も訪れます。

自然豊かな普通の田舎に比べたら交通機関もお店などもずっと充実しているので、自然派さんには是非お勧めしたい場所です。

そういえば面白いことに、キャンベラに住んでいた時はシドニーの人たちに「まあお気の毒に(あんなつまらない街に住んでいるなんて)」みたいなリアクションをよくされたんですが、シドニーに引っ越す時逆にキャンベラの人たちから「まあお気の毒に(あんな物価が高くてごちゃごちゃしてるカオスの様な場所に引っ越すなんて)」と言われました(笑)

みんな好きでその街に住んでいるのだからそういう反応なんでしょうね(^^;)

ちなみに私は昔留学していたメルボルンが一番好きです(笑)

大学のレベルが高い

 

キャンベラには The Australian National University (ANU)University of Canberra (UC) という大学があり、どちらもとても大きな大学です。

特に ANU は QS World University Rankings 2018 で世界トップ20にも選ばれた優秀な大学です。

オーストラリアの優秀な大学に留学して勉強したいという人はキャンベラがおすすめです。

他の大きな都市と違い誘惑も少ないので勉強に専念できること請け合いです。

ちなみに UC には UC Japan Club というものが存在します。

基本的に UC の生徒で構成されたクラブですが、私の旦那が JETAA という日本関係のコミュニティの会長をやっていて交流があったので、ハロウィンパーティーなどにも参加させてもらってました。楽しかったです。

 

あと TAFE は Canberra Institute of Technology という学校があります。私も通ってました。

キャンベラの専門学校・Canberra Institute of Technology レポ
私は今のオージーの旦那と同棲してパートナービザを申請するために、学生ビザを申請して一年半キャンベラの専門学校でビジネスコースを専攻しました。 なかなかキャンベラの専門学校に関する情報がネット上にないと思うので、ここで少し紹介したいと思...

 

政府関係の公務員が多い

キャンベラは首都なので、政府関係の機関が集中しています。もちろん大使館なども沢山あります。

なので、他の色々な都市や国から来ている政府関係の公務員、外交官、政治家などが大勢暮らしています。

おそらく石を投げれば公務員にあたるレベルじゃないでしょうか。

私の旦那も政府関係の公務員で、シドニーから引っ越して来ています。

なので、連休・特にイースターやクリスマスホリデーなどは皆一斉に帰省してしまうので、キャンベラはゴーストタウンと化します。

普通の週末ですら人が少なくなります。みんなシドニーとかに行くんでしょうね。

キャンベラで一番人が多いキャンベラセンターの辺りも週末は逆に人がいなくなります。(周辺にオフィスが多いのも理由の一つかもしれませんが)

逆に考えれば、ゆっくり買い物ができていいかもしれませんね。

 

いかがでしたか?まあ実際に暮らしてみないとどんなところかは分からないでしょうが、これからキャンベラに来る人たちに「キャンベラってこういうところだよ」というのが少しでも伝われば幸いです☆