オーストラリアで買えるマタニティ・ベビー用品!日本で買った方が良いものは?

オーストラリアで妊娠・出産
スポンサーリンク
新着記事

オーストラリア在住の管理人 Yuka です。私は第一子妊娠中に日本に帰る機会があったので、オーストラリアで売っていなさそうなマタニティ・ベビー用品を日本で買い漁ってきたのですが、良く調べたらオーストラリアにも売ってた!というものもかなりありました。

今回は妊娠・出産を通して私が購入したベビー用品の中で、オーストラリアで買えるもの出来たら日本で買った方がいいもの等を、自分の経験を踏まえておススメしていきたいと思います!

私の様にそもそも英語でのマタニティ・ベビー用品の名称がよくわからないという人も多いと思うので、こちらのブログ記事にて Baby Kingdom(オーストラリアの大手マタニティ・ベビー用品店)でもらったチェックリストを元にベビー用品の英語名称を解説してみたので、是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

私がオーストラリアで実際に買ってみて良かったベビー・マタニティ用品

哺乳瓶ウォーマー

搾乳して冷蔵・冷凍保存しておいた母乳を人肌に温めるのに便利なミルクボトルウォーマー。冷凍保存しておいた離乳食を解凍するのにも便利ですよ。

私はオーストラリアの eBay で フィリップス・AVENT のボトルウォーマーを購入。普通に優秀です。

美容院に行くときなど、赤ちゃんを旦那に任せて出かける時に主に使いますが、温度調節ダイヤルに目的別マークが描かれているので普段あまり育児に参加しない旦那でも使いやすいみたいです。

ガーゼタオル(大判)

英語では baby swaddle/wrap(おくるみ)検索すると大判ガーゼタオルが沢山ヒットします。

大きなガーゼタオルはおくるみ用はもちろん赤ちゃん用のバスタオルにも使えますし、暑い日のブランケットとしても使えて大活躍です。

洗濯時に普通のタオルよりかさばらないし、すぐ乾くのですごく機能的です!何枚あっても良いですね☆

eBay で購入したり、人からもプレゼントでももらいましたが、可愛い柄がとても多いです。

おむつ替えマット

おむつ替えマットは英語で nappy changing mat/pad といいます。これも eBay で買ったのですが、柄の種類が多く可愛いものが沢山売っています。

うちの子は寝ているときによく母乳を吐き戻すので、小さめサイズの nappy changing mat を頭に敷いてシーツやマットレスが汚れないようにしています。

赤ちゃん用枕(絶壁防止)

こちらも eBay で購入。日本のアマゾンの方が種類は多いですが eBay でも大体似たようなものが売っています。だた、こちらの助産師さんに1歳くらいまでは枕は使わないほうが良いと言われたのでしばらくは使いませんでした。

中央に穴の 開いたくまちゃんタイプや王冠タイプが人気みたいでよく見かけます。とっても可愛い(*´Д`)

ベビーカー

こっちのベビーカーってとっても高いんですよね(;´Д`)

おそらく殆どがが輸入品だからでしょうか。値段の幅は安いもので500ドルくらい、高いもので1500ドルくらいします。色々パーツを買いそろえれば2000ドル越えなんてことも!!種類もめちゃめちゃ多くてどれがいいのか正直良くわかりませんでした。。。

そんな中、私が選んだのは元職場の人に勧められた、日本でも購入可能な BABY ZEN YOYO の超軽量ベビーカー。彼女は2000ドル以上するバガブーのベビーカーを買ったそうですが、赤ちゃんが嫌がって全然使えなかったそうです(;^ω^)で、二代目として BABY ZEN YOYO を買って使い勝手がとても良かったので私にも勧めてくれました。

アクアカラーがとっても可愛い(*’ω’*)

6キロとめちゃ軽いうえに簡単に折りたためるので、電車やバスで遠出したり車に積んでドライブしたり、また機内持ち込みもできるのでベビーカーごと旅行や日本に帰省したりもできるのでフットワークが軽くなります。

畳むとめっちゃコンパクトに

付属の専用バッグに収納すれば楽に機内持ち込み可能

色もバリエーションが沢山あって可愛いので、おしゃれママさんにもおすすめ!なんでも見た目重視な私にピッタリでした(笑)

小柄な私でも扱いやすいし、小さめなので小回りが利いて機能面もとても良いです。

私は本体(6か月から使用できるB型ベビーカー)を Baby kingdom の店舗で、新生児用バシネットを Baby Train というお店からネット注文で購入しました。(Baby Train の方が送料含めても少し安かったので)

日本でも楽天で購入することができます。日本からベビーカーを買って海外移住するなら BABY ZEN YOYO を是非お勧めします!(#^.^#)

楽天で BABY ZEN YOYO をチェック

陣痛の痛みを緩和する! Tens Machine

助産師さんに勧められて、陣痛の痛みを緩和する Tens Machine(テンスマシーン)というマッサージ機を買ったのですが、これは逆に日本にはないものだと思います!

電極パッドを貼り付けるタイプのマッサージ機みたいなやつなのですが、かなり陣痛の痛みが緩和されるので買ってめちゃめちゃ良かったです!これが無かったら陣痛耐えられなかったかも(;^ω^)

産後も普通のマッサージ機として使用しています。産後は赤ちゃんを抱っこしたりするのでかなり腰に来ますからね(;^ω^)

テンスマシーンについて詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみて下さい↓

スポンサーリンク

日本でもオーストラリアでもどっちでも買えるベビー・マタニティ用品

私が日本で買ったもので、わざわざ日本で買わなくてもこっちで同じもの or 似たようなものが普通に買えた!!と後で知ったもの達を紹介します(;^ω^)

搾乳機

日本でメデラの電動搾乳機を買ったのですが、そもそもメデラはスイスの会社で、オーストラリアでもメデラ製品は普通に売っていました。(でも私はフリマアプリで美品を安く買えたので、日本で買ってよかったです。日本の中古品は状態が良いものが多いですよね~。)

楽天でチェック

Amazonでチェック

骨盤ベルト

装着感は分かりませんが、eBay やオーストラリアのヘルス系オンラインショップでも売っていました。Pelvic belt と検索すると骨盤ベルトが沢山ヒットします。

アマゾンで買った方が実際使った人のレビューが読めるので、その点を考えると日本で買ってよかったかも。

授乳ケープ

nursing cover で eBay 検索すると沢山ヒットします。

実際私が日本で楽天で買ったやつも、元々はアメリカのブランドのものらしいですし、オージーの友達も可愛いケープ使っていたのでわざわざ日本で買わなくても良かったかも。

ピジョンの製品

日本製メーカーピジョンの一部の製品はなんと 薬局や大型スーパー、Baby Kingdom でも売っていました!(もちろん日本よりも高いですが)

ちょっとしたものならわざわざ日本から取り寄せなくてもこっちで買えばよいですね。送料高いですし。

私はオーストラリアの店舗でピジョンの赤ちゃん用の洗濯用洗剤を買いました。結構高かったですが、オーストラリアには赤ちゃん専用洗濯洗剤というものがないので、新生児のうちの最初の一か月は何となく安心できるものを使いたかったので1ボトルだけ購入。

一本使い切った後はオーストラリアの敏感肌用の洗剤を使っています。

スポンサーリンク

オーストラリアでも売っているけど日本製の方がお勧めなベビー・マタニティ用品

マタニティ・授乳ブラ

マタニティブラはオンラインの方がたくさん種類があるのですが、日本とサイズ表記が違う上に、オンラインのサイズ表記も商品によっていろんな国の表記で表されているのでバラバラです。自分のサイズだろうと思って買ってみても届いたらサイズが合わなかったり、また小さいアンダーの物がなかなか無かったりもします。

なので、私的にはマタニティ・授乳ブラは日本製の方がお勧めです。

授乳ブラを楽天で探す

マタニティ・授乳服

こっちではほとんどオンラインでの購入になると思います。

しかし、小さいサイズや可愛いものがほとんどないんですよね(涙)

PATPATなどのオンラインショップもベビー服はすごくかわいいのにマタニティ服は微妙or小さいサイズが無かったり、あまりチョイスがありません。

私が日本で買ってきたマタニティ&授乳服でめちゃめちゃお気に入りなのが、エンジェリーベのワンピースタイプの部屋着。


マタニティ パジャマ (MammyLuna)【授乳口付】ブラックウォッチ起毛パジャマ

楽天でチェック

授乳口はもちろん腕まくり用のボタンが付いていて家事もしやすいし、何より可愛い!家の中でもおしゃれママになれちゃいます☆

パンツの代わりにタイツを履けば普通に外出用としても全然OKです。可愛くて機能的なので色違いも買って日本から親に送ってもらいました。

紙おむつ

日本人ママはそろって「日本製の紙おむつの方が優秀!」と言います。

日本製の方が肌触りや吸収性が良い上に薄いです。

ただ、消耗品なのでこだわるかどうかは人それぞれでしょう。

参考までに、この記事でオーストラリアで日本製のオムツを安く買う方法について書いてあります。

マザーズバッグ

これは単に、日本で買った方が種類が豊富でかわいいものが多い!っていうだけです(笑)

デザインや質にこだわりたいママは、日本で買うのをお勧めします☆

または BUYMA のオーストラリア用サイトでブランドもののマザーズバッグを買うのもアリ。

楽天でマザーズバッグをチェック

産褥パッド

生理用品も日ごろから「日本製の方が質がいいなぁ。。。」と思っているのですが(肌触りとか、装着感とか、フィルムのごみが一塊になってペロンと外れるところとか)、産褥パットに至っては断然日本の物の方が良いです。

とにかく大きい!!Lサイズは紙おむつレベル!なので悪露が多くても漏れずにしっかり吸収してくれます。私的にはLサイズだと産後すぐは良いですがその後はデカすぎて頻繁に交換するのがもったいなかったので、MやSサイズを多めに買った方が良い気がします。

楽天で探す

Amazonでチェック

こっちの病院で出産すると、悪露対策はガーゼみたいなシートをあてがうだけなので、病院のベッドシーツ(の上に敷かれたタオル)が血だらけになりました・・・。

一応薬局でもマタニティパッドが売っているのですが、生理の多い日用のナプキンとあまり変わらない感じなので、悪露が多いと普通に漏れます。尿漏れパッドの一番厚いやつの方がまだいい仕事するかも。

スポンサーリンク

オーストラリアでは売っていない・なかなか無いベビー・マタニティ用品

オーストラリアでなかなか手に入らないものは、ツーウェイオールのベビー服、ベビー肌着、ミルトン、腹巻、赤ちゃん用洗濯洗剤、電動鼻水吸引器、ビニールのベビーバス、お風呂の手桶です。

これらについては以下の記事でも詳しく書いているので、併せて読んでみてください(^^♪

スポンサーリンク

まとめ

重要ポイントをまとめると、

  • メデラやフィリップスなどの海外ブランドの製品はオーストラリアでも売っている。
  • Baby Kingdom はオンラインショップが充実していて、日本のピジョン製品も買える
  • eBay でほとんどのベビー用品は手に入る(中には質が悪いものもあるので注意)
  • 日本のアマゾンや楽天の方が実際使った人のレビューが沢山読めて参考になる
  • 全体的に見ると日本製の方が種類、デザイン、価格、質が良いものが多い

いかがでしたでしょうか。日本のベビー用品の方が全体的に品数やデザインの可愛いものが多かったりするのですが、オーストラリアでも必要最低限のものはちゃんと揃えられます。

海外でも色んなマタニティ・ベビー用品が難なく探せるように、別記事で紹介しているベビマタ用品の英語名称のリストを併せて参考にしていただければ幸いです。